借入れ状況や履歴はどこで審査してもわかる

個人信用情報は、他社借入れや過去の利用履歴が主な情報で、、
それらはカードローン審査に大きな影響を及ぼします。

しかし、この個人信用情報の主たる情報が機能するために、
絶対欠かせない要素があります。それは、「情報の正確性」です。

“借入れ状況や履歴はどこで審査してもわかる” の続きを読む

他社借入れや過去の返済履歴は審査に影響を及ぼす

カードローン審査において注意すべき点。審査項目は多岐にわたります。

収入・職業・年齢・資産の有無などがありますが、それとは別に非常に重要な審査項目があります。
それは、個人信用情報です。個人信用情報とは、その人の経済取引における個人情報で、ローンやキャッシングといった借金の取引履歴が記録されているものです。

“他社借入れや過去の返済履歴は審査に影響を及ぼす” の続きを読む

3分の1以上でも借りられる方法はある!

年収の3分の1以上の借入れが既にある人って、結構いるのではないかと思います。
そういう方の中でも、カードローン審査を申し込んで審査に落ちた経験をしている方もいるかもしれませんね。

審査に落ちた方は、「ああ、今は借りることができないのか・・・」
と諦めてしまっている方もいるかもしれませんね。

“3分の1以上でも借りられる方法はある!” の続きを読む

年収3分の1以上で借りれない借入れはコレだ!

年収の3分の1以上の借入れがあれば新規借入れはできません。その時点でカードローンは作れないのですが、その場合の借入れについて解説します。

総量規制が適用される借入れについてお話しましょう。
総量規制が適用されるのは、実は、全体の中の一部分。半分もありません。

“年収3分の1以上で借りれない借入れはコレだ!” の続きを読む

「年収の3分の1」なんてなぜわかるの?

カードローン業界では、「年収の3分の1以上は借りれない」というルールがあるわけですが、このルールを適用させるには、年収のわからないとなりません。

年収あっての3分の1ですから。
当然、個々人の年収なんて公表されていませんので、調べる必要があります。
借入額だってこんなものは個人情報ですから、表には出ていない数字のはず。

どうやって借入額と年収の調査をするのでしょう?

“「年収の3分の1」なんてなぜわかるの?” の続きを読む

長期の延滞には事故情報が付く

取立てされても、のらりくらり免れて返済しないとします。

2ヶ月3ヶ月すると、立派な延滞といえるでしょう。立派なというか、悪質な延滞、長期の延滞といえると思います。
こうなってくると、債権者側もだんだん強硬になってくるはずです。

具体的には、長期の延滞になると、その人の個人信用情報に事故情報がつくと思います。
いわゆる、ブラックリストですね。こうなってくると、もう新しい借金はできなくなります。

“長期の延滞には事故情報が付く” の続きを読む

残借金全額請求される場合もあり

カードローンなど、普通に使っていれば、1月に返済する最低額は予め決まっています。残債務は、また同じように分割で返済していきます。

これは、皆さんがよく知っている、カードローンの返済の仕方ですね。
しかし、債権者を怒らす、というか、延滞がひどい場合は、
この返済方法を債権者の方から一方的に破棄して、
「残りの分、一括で返済してもらいますから」ともできるってご存知でした?

通常のカードローンの分割返済って、借りる側からすれば、「利益」と考えるんです。
それは、返済期限が来るまでは返済しないで良い利益という意味での利益です。

“残借金全額請求される場合もあり” の続きを読む

遅延損害金が発生する

返済すべき日に返済しないと、翌日より損害金が発生し、
その分の支払い義務が発生します。

これを遅延損害金といいます。
遅延損害金は、およそ年率で20%程度になっていますが、詳しくは、各社でお調べください。
HPにも記載されています。

この20%は年率となっており、日割り計算ですね。

“遅延損害金が発生する” の続きを読む